around the league - 援交向け出会いサイト 掲示板情報 まとめ -

人気ランキングTOP3
SWEET LINEのバナー
出会いやすさを選ぶならSWEET LINE!!

SWEET LINEは、フリーメール登録OKだから気軽に利用しやすい♪ メル友から援交、セフレと幅広い出会いに対応!! 積極的なユーザーが多いので出会いやすいのが特徴です。

出会いひろばのバナー
スグに出会いたい人オススメ☆

プロフに写メを載せている人が多いためか出会うスピードがとても早い!! スムーズな出会いを求めている人なら出会いひろばがオススメですよ。

FirstMailのバナー
最近話題沸騰中!!

FirstMailも最近人気が出てきています。 その理由は使いやすさと、出会いの実績。 サイト内の機能を使えば、初心者の方でも出会いやすい!!

Yメールのバナー
人妻に支持されているオススメサイト

援交を希望しているのは何も若い世代だけじゃない!人妻の援交募集がいっぱい!
そのままセフレになっちゃうなんて事も充分考えられますよ♪

家出@伝言板のバナー
幅広い出会いに対応!

即アポに特化している注目サイト!すぐに会いたい女性が大多数を占めいています♪
幅広い年代の女性が利用しているので、好みで検索してみよう☆

出会い系サイトで援交が黙認されている理由とは


援助交際とは、男性が女性にお金を支払ってセックスをさせてもらうという、個人間における売買春です。成人女性だけでなく、高校生や、中学生までもがこの援助交際に手を染めており、年齢が低くなるにつれ援助額は高くなります。援助交際というと、犯罪というイメージを抱かれる方は少なくないでしょう。現に出会い系サイトでは援助を求めるような書き込みは禁止されているのです。けれども、援助交際の商談は主に出会い系サイトにてなされます。

これはいったいどういうことなのか。まず、援助交際は犯罪です。届出をしていない風俗店がしばしば摘発されるように、所定の手続きを踏まずに性的サービスを客に施すことは法律で禁止されています。けれども、援助交際は密室で行われるうえ、お金の支払いの名目をいくらでもごまかすことができるので、警察としても動きようがないのです。要はそれが「商売」と立証できないと捕まえられない。

たとえば、怪しい男女がいたとしても、セックスをしたのと、お小遣いをあげたのにはまったく関連がない、「交通費をあげただけだ」などと言われたら、それ以上追求のしようがありません。援助交際をする人間もそれがわかっているので、言い訳を準備しておくはずです。そのため警察に援助交際で捕まることは絶対にないといえるのです。

そして、どうして本来援助交際を求める書き込みの禁止されている出会い系サイトで援助交際の話がまとまるのか。それは、出会い系サイトが、隠語を使っているぶんには、援助交際の書き込み、メールを黙認しているからです。条件あり、お願いあり、円希望、ホ別苺などがそれにあたります。

それらを見逃す理由としては、ふたつ考えられます。まずひとつが、出会い系サイトに登録している女性の大半が、援助交際目当てであること。もし、遠まわしな表現まで禁止して、援助交際を絶対にできないようにすれば、会員数は激減し、お金を儲けられないようになってしまいます。

ふたつめに、それが援助交際の書き込みであったとしても、隠語を使っているため、当人にはどうとでも言い逃れすることが可能であるということ。そして、それを理由にサイトは責任逃れをできるということ。「怪しげな書き込みはあったが、本当に援助交際を求めるものなのかどうか、わからなかった」。どこかにお咎めを受けたとしても、そんなふうにごまかすことができる。だからこそ出会い系サイトは、援助交際について露骨でない書き込みに対しては、なんの措置も採らないのです。

今現在では、出会い系サイトの大半が、そのように援助交際の巣窟となっています。

中高生もいる

また、出会い系サイトで援助を募っている女性の中には、少数ですがおそらくは中高生も混じっています。本来出会い系サイトは、18歳未満の登録及び利用はできません。ある事件をきっかけに、出会い系サイトには利用者の年齢を身分証によって確認することが義務づけられました。

ただし、身分証の提示をしていなくとも、サイトを利用することはできるのです。私も面倒でしばらくその状態を続けていましたが、掲示板への書き込み、プロフィールの閲覧、メールなど、すべてのコンテンツを問題なく利用することができました。それは私が以前から登録していた者であるからというわけではなく、年齢の確認が済んでいないため、一部のコンテンツに利用制限がかかっているに過ぎなかったのです。

それは「アドレス交換」です。身分証を提示しなくとも、アドレスを交換することができないというだけで、サイト内でのやりとりは自由にできたのです。それは2、3年前の話で、今ではどうなっているのかわかりません。が、もしその点が改善されていたとしても、サイト運営者を出し抜いて中高生が出会い系に登録する方法はあります。早い話、母親や姉や先輩や友人の身分証を借りてしまえばいいのです。もっと言えば、勝手に使ってしまえばいいのです。

出会い系サイトには、さばをよんでいる方は大勢います。たとえばその身分証にある生年月日が昭和であったとしても、平成生まれと自己紹介することを誰も咎めはしません。サイト運営者までも。ですから、母親の身分証を使おうが、叔母さんの身分証を使おうが、とりあえず登録は済ませられるうえ、プロフィールの年齢を「18歳」というふうに設定することも可能なんですね。

そのようにして中高生は出会い系サイトに登録し、援助交際を求める書き込みをしているのです。そのような子は決まって、「制服で」とか「学校の子はみんなやってる」とか、あやしげなことを書き込んでいます。競争率は相当に高いはずなので、メールをしたところで返信があるとは思えませんが。

援交の手軽さ

ここまで援助交際について見てきましたが、今の日本は、お金さえあればその日のうちにでもセックスできる世の中なのです。出会い系サイトで援助を希望している女の子にメールをし、他の誰かと迷っているみたいだったら、もう10000円くらい上乗せしてやればいい。清純そうな女の子がやっていたりするので、それを抱けると思えば安いのかもしれません。プロは技術はありますが初々しさとか恋人気分を味わわせてくれる感じとかがありませんし、なにより本番をするとなれば援助交際以上にお金がかかるのです。

このように、本番の価格としては風俗よりも安く、いつでも暇なときに相手をすぐに見つけられるため、出会い系経由の援助交際というものが流行りだしたのでしょう。買う男性が少なければ、出会い系がここまで援交女性に溢れかえることはなかったでしょうからね。

援助交際、お金に余裕があれば、やってみてもいいかもしれません。ただし、すべては自己責任です。